>

家電リサイクル法に該当する

回収できないものがある

不用品を処分する際は、行政に依頼する人が多いと思います。
家具は何でも回収してくれますが、家電は回収できない種類がると知ってください。
それは、家電リサイクル法に該当するものです。
具体的にはパソコンや冷蔵庫、エアコンや洗濯機などが含まれます。
それらは、購入したお店に持って行くことで引き取ってもらえます。

処分する時のことを考えて、どこで購入したのか忘れないでください。
テレビはブラウン管やデジタルテレビなどの種類がありますが、どちらも家電リサイクル法に該当します。
大きさも関係ないので、家電を処理しようとしている人がいたら、まずは種類を分別してください。
行政に依頼しても、回収してくれないので、自分で分別できるようになってください。

購入したお店がわからない

ずっと昔に買った家電は、どこのお店で買ったのかわからなくなってしまうことがあります。
また購入したお店が、なくなっているかもしれません。
その場合は、リサイクル法に関する質問を受け付けている相談窓口に連絡してください。
すると最寄りの施設に持って行くように指示されると思います。
指示に従って、家電を処理しましょう。

処理の仕方がわからないことを理由に、適当に処分することは絶対にしないでください。
その辺に不法投棄することは、法律で禁止されています。
法律を破ったら、厳しく罰せられるので必ず守ってください。
山の中に捨てれば、わからないと思っている人がいるでしょう。
しかし警察は不法投棄されていないかパトロールしているので、すぐに気づかれます。


この記事をシェアする